世界のWi-Fi事情

世界各国のWi-Fi環境を紹介します。

インターネット環境をアメリカと日本と比較すると、日本の環境のほうが速度と価格の面で優位に立っています。日本では光ファイバーを利用した高速回線が広く普及していますが、アメリカではこのような高速のインターネットの通信環境は利用されていません。一般的に、家庭向けの通信回線は、アメリカでは低速の回線も高額で、日本のインターネット通信環境は優れているという特徴があります。

このインターネットの接続環境では、日本のシステムは優位ですが、外出先などで利用するWi-Fiの通信環境は、アメリカのほうが優れているのです。日本でもWi-Fiは次第に普及してきていますが、利用できる範囲が限られる事が多く、一部のスペースの中のみの利用が基本となっています(LTEはありますが、通信制限の問題が残ります)。しかし、アメリカでは公共の場でも通信環境が整えられており、大手の飲食チェーン店で無料Wi-Fiを利用できることも多く、あらゆる場所で接続が可能になっているのです。

また、日本にもWi-Fiのシステムは普及しつつありますが、課金方式がクレジットカード決済などで手間が掛かり、セキュリティの面でも心配があります。しかし、アメリカは日本と比較し、このようなクレジットカード形式ではなく、無料で利用できるWi-Fiが多いので、自由に利用できるという利点があるのです。また、セキュリティに関しても配慮されていることもあり、安心して利用できます。

アメリカと日本と比較した場合は、大手チェーンのカフェなどで無料Wi-Fiスポットが提供され、パスワードなどが不要で利用出来るようになっています。また、アメリカにはこのようなカフェが至る所にあるので、手軽に無料Wi-Fiを利用する事が出来るようになっているのです。

セキュリティの面では、WiFiの信号名などが州別で異なるケースもあるので、事前に確認する必要もありますが、あらゆるお店で無料Wi-Fiが利用できる環境は、大変優れたシステムとなっています。

世界各国のWi-Fi環境を紹介します。

Copyright (c) 2014 世界のWi-Fi事情 All rights reserved.